有料老人ホームの種類|老人ホームの種類と探し方を解説【入居に関する疑問】

有料老人ホームにはさまざまな種類があります!最適な施設を選ぼう

有料老人ホームを利用している人の声

介護付きを利用しています(50代女性)

有料老人ホームを利用していますが非常に助かっています。私の母は、要介護1なのですが、1人暮らしをするのには苦労していました。介護付き有料老人ホームに入居してからは、私たちの生活は快適で楽しいものとなりました。

有料老人ホームの種類

介護施設

有料老人ホームには色々ある

日本は高齢化社会が進展しており、介護施設の需要が増えています。高齢者の方は、有料老人ホームへの入居を考えている人もいるのではないでしょうか。有料老人ホームには色々な種類があります。主に、介護付・住宅型・健康型に分けられます。

介護付き有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホームは、介護認定を受けた人が入居対象となります。本格的な介護や食事、入浴など日常生活の支援が受けられる施設になります。介護認定を受けているので、介護保険の範囲内でサービスが受けられます。経済的にも安心して介護サービスを受けることができる魅力的な施設となっています。

幅広い人を対象にしている

住宅型有料老人ホームは、要介護であることが条件ではありません。自立している人から要介護の人まで入居対象者の範囲が広いことが特徴です。住宅型有料老人ホームの場合は、施設内に介護スタッフが常駐してません。そのため、介護サービスを受けたい場合は、独自に外部の事業者と契約を結ぶ必要があります。外部の在宅サービスを受ける場合には、介護保険の適用が受けられます。

健康的な生活を営む高齢者に最適

健康型有料老人ホームは、介護付きや住宅型と比べると、施設数が少ないです。健康型有料老人ホームの場合は、その名の通り、健康的な高齢者が入居する施設になります。したがって、要介護認定を受けた場合には退去する必要があるのです。健康型有料老人ホームには、プールや温泉などを完備した施設があり魅力的です。このような、健康的な生活を過ごすための施設が備え付けられているため、入居費用が高額になる場合が多いです。

自分に合った施設を選ぼう

いかがだったでしょうか。このように、有料老人ホームには、介護認定が必要な施設から、健康的な高齢者が入居する施設まで色々あります。それぞれの特徴を理解して自分に合った施設を選びましょう。

広告募集中